CF店長&愉快なスタッフのブログ

サイクルファクトリーの店長とスタッフのブログです

2014年08月

アイアンマン・ジャパン・北海道 レース報告その3

2014 IM・ジャパン レース報告 その3

ラン42.2km 06:14:44
 太ももの締め付けが無くなって、すごく足が軽く感じられて、一時的に05:00/kmで走りました(笑)。その後も、なぜか6:00/kmを切るぐらいのペースで最初の1kmを走りました。今思えば、去年と同じ展開。しかし、太ももの前側の筋肉が攣っていくのが分かり、歩きだしたりしました。でも、ラン・コース、最初の2kmぐらいは、大きな石が埋め込まれている「足つぼの道」になっていて、走っていると徐々に痙攣が収まっていき健康になっていきました(ナンデヤネン)。
 しかし、そんな健康状態も、アスファルトの道に入ると元通りになりました。あとは、足の痛みとの相談。1周目で一緒に参加してる知り合いの選手とすれ違い、たくさん声をかけてもらいました。その多くが「もう2周目ですか?」 まだ1周目です…、ゴメンナサイ。なぜか知らないけど、そんなに速い人に思われていたようです?? 恥ずかしいやら、せつないやらです。来年はもっとガンバロー最初の1周目を終えて、湖畔道に戻ってくると、たくさんの知り合いが応援に駆け付けてくれてました。今までにあんなに応援されたことは無かったので、とてもうれしかったです、本当にありがとうございました。
 2周目の「足つぼの道」で、再び健康になるのが分かっていき、たくさんの応援団もいたので、きっちり走りました。ペースは06:30/kmぐらい。「応援団ターボ、ここにあり!!」という感じでした でも、そこを抜けると、また走れなく始末。2周目はさらに走れなくなりました。 日が沈み、コースを照らすライトだけが見えるようになって、折り返し地点のライトがずぅーーーと先に見えました。「あそこまで行くのか・・・。」あと5kmぐらいなのに、とても遠く見えました。
 ラン・折り返し(残り、約10km)。万世閣のフィニッシュ地点が、遥か遠くに見えました。とりあえず進むも、全然近くならない万世閣…。10kmというのは数字以上に遠く感じました。
 国道へ出る手前のエイドステーションで、一生懸命応援してくれたボランティアに多大なエネルギーを分けてもらい、残りを進みます。40km地点で公園に入り、41kmまでが凄く長く感じました。そして、最後まで待ってくれた応援団の前を1度通過して、最後のエイドステーション(42km地点)で、スポンジや水で顔洗ったりして身を清め(笑)、フィニッシャーズ・ゲートでハイタッチの嵐。ランの時からずっと考えていたガッツ・ポーズがあったんですけど、ゲートを前にしたら興奮状態で頭が真っ白になってまし

【総合 14:23:55】
色々あったのでタイムはともかく、完走できたのが本当にうれしかったです。ひとえに、ボランティア・スタッフの支えや、駆けつけてくれた応援団の熱い応援があったから、ここまで走ることができました。長い時間、本当にありがとうございました。

http://www.ironman.com/ja-jp/triathlon/events/asiapac/ironman/japan/リザルト.aspx#axzz3BSI6RaHv
BIBナンバー 188です。

来年も IMジャパン開催が決まっています。
「2015年8月23日」
終わったばっかりなので、今はエントリーするかどうか考えられません。でも、来年もあのスタート・ゲートにいる気がします
その前に12月にIM西オーストラリアがあるんだった―――!!
2014082609330000

アイアンマン・ジャパン・北海道 レース報告その2

2014 IM・ジャパン レース報告 その2

バイク180.2km 06:41:06
 西オーストラリアのド平坦コースと違って、ジャパンは山岳系コース。TTバイクよりも軽量ロードバイクがうらやましく見えるぐらいです。 時計のベルトが切れ、足の痛みと戦いながらのバイク。足の痛みはペダリングに影響しないものの、走りに集中できないレベルでした
  でも、この日の目標は「完走」だったので、慌てず騒がずマイペースを貫きました。京極町の折り返し地点で、強力な向かい風と「1%の登り」に苦しめられ全然進みません。昆布岳の道でも、「1%の登り」に苦しめられました(嫌ッ!) 
 135km地点にあるスペシャル・ニーズのエイドステーションで足の状態をチェック。痛みが引かないから、どんな状態なのだろうと思ったら、なんか切っていました。どうりで痛みが引かないわけです。「今年はリタイヤかなぁ」と思っていたけど時間もあるし、とりあえずバイクを終えてから考えることにしました。
 150km地点、激坂に差し掛かります。7.5%×約2km。このコース最大の正念場ですけど、150kmアップダウンを繰り返すコースを走った後ので坂なので、とても辛いです。3回ほど足をついて、攣りそうな足をマッサージしながら登りました。ここを越えると、しばらく平坦を走って、下りに入り洞爺湖畔へと続きます。でも、その湖畔道ですが、強烈な風が吹いていました。風向きから考えると、最後の温泉街で向かい風になるのが予想できました湖畔道のほとんどが木々に覆われていてあまり影響は無いのですが、観客が一番多い温泉街で向かい風に遭いました。しかも、サンパレスや万世閣の前の道路は坂があって、辛かったです。応援があるから、手が抜けない…。 とりあえず、バイク終了。

T2 バイク→ラン
 足の状態を再確認。1か所だと思ってたら、2か所切っていました…。場所が、拇指球付近の前足部。足を蹴りだすときに影響がありそうだと思いつつ、着替えをします。太ももに巻いていたコンプレッションが気になっていたので、外してランパンツに着替えると、足が軽い軽い!!手早く済ませて走りだしたら、歩けないほどの痛みではないので、完走は出来そうだと確信。そして、42.2kmのランを走りだす

その3へ続きます。

アイアンマン・ジャパン・北海道 レース報告その1

2014アイアンマン・ジャパン・北海道が終了しました!! 今年は若干のトラブルもあり、思うような成績が残せませんでしたが完走することはできました。
 以下、レースのご報告。

スイム3.8km 01:16:17
 去年は集団のど真ん中スタートしてとんでもないバトルに巻き込まれたので、今年は左の端っこからスタート。最初の400mぐらいはバトルしながらの心肺をスポーツ・モードに切り替えで苦しかったけど、最初のブイ(1km地点)あたりで、いつものリズムで泳ぐことができました。ただ、波があって、コースのブイから離れたりくっついたり結構蛇行したと思います。2周目は、その波のせいで呼吸するたびに顔にかかる始末(しかも、痛い…)。
 でも、とりあえず進んでいるのは確認できたので、このまま泳ぎ続けます。スイムアップして、時計を見たらあまりいいタイムではないけど、泳ぎ切ったから良しとします。
 
T1 スイム→バイク
 ここで、この日の成績を大きく左右する出来事が“2つ”も発生します!!
①:スイム・アップしたところの給水所で大きな石に足を強打して、足の裏を切ってしまう。 初めは強く打っただけだと思っていたので、傷みはすぐに引くだろうと思ってたけど、なかなか引かず…。バイク135km地点(スペシャル・ニーズ)で足の裏を見てみると、カッターで切ったみたいに切れていました。流血は無かったけど、ランへの影響がかなり心配されました。「走れなかったら、リタイヤか…」なんてことが、頭をよぎりました。

②:腕時計型の心拍計のベルトが切れる。
 ウェット・スーツを脱ぐときに、勢いよく引っ張ったら、心拍計がポロッと落ちた。「ゲッ、ヤバい!」と思いました。腕に巻けないから置いていくことも考えましたが、持っていかないと、その後のタイムが分からなくなるので、ジャージのポケットに入れてバイクを走りだしました。

この先、長くなりますので、その2へ続きます。

アイアンマン・ジャパン・北海道

こんにちは、テック・スタッフの梅澤です。
8/22(金)~8/25(月)の間、洞爺湖周辺で開催される「アイアンマン・ジャパン・北海道」に参加のため、不在となります。多くの方にご不便・ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします。

今年も開催されることになり、2年連続で参加することになりました「アイアンマン・ジャパン」ですが、先の「忠別湖トライアスロン」での成績が芳しくなかったので、今年の自己ベスト更新はちょっと難しいかなと思っています。
 しかし、過去に8回参加したアイアンマンはすべて完走しているので、何としてでも完走したいと思います。
13時間以内で「営業時間内ゴール」となりますが、果たして達成できるのか??

応援よろしくお願いします!!

昨年の模様はこちら(なんかドタバタしてるな・・・。)

第8回忠別湖トライアスロンin東川

こんにちわ、テック・スタッフの梅澤です。
8/2(土)~8/3(日)に開催される「忠別湖トライアスロンin東川」に参加のため、この二日間は不在となります。
多くの方にご不便・ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします。

ちなみに今年は、練習量が絶対的に不足しており、どの種目も期待できません…
とりあえず、去年の成績を目標に頑張りたいと思います。が、どうなることやら…。

去年の様子はこちら
(やばい、ランで1時間切ってる・・・。)

サイクルファクトリー TOPページ
サイクルファクトリー
札幌市西区二十四軒
4条7丁目5-16
 
QRコード
QRコード
記事検索
INOUで撮影した動画&画像公開中
・動画&画像公開中です!

  • ライブドアブログ